看板・ラティスのカラーリメイク

東成区にあるレンタルスペースしんたに様より、店頭に設置する掲示板が欲しいとのご依頼が…。DIYが得意と言っても、木工は素人に毛が生えた程度ですので、お役に立てるかどうかわからないまま現場へ。

レンタルスペースですので、使用している時以外は閉店しているのですが、そんな時でも目を引くイベントなどの掲示板を希望されていました。ところが、よく伺ってみると、店内には以前カフェをされていた時に使っていた立派な立て看板が使われないままになっていました。これを再利用しない手はありません。塗装によるカラーリメイクで、提示された予算の半分以下で収まる旨お伝えすると、残った予算で入口の右手に別の掲示板を購入されるとのことでした(入口の右手というのは、通りからの視認性がないので、それだけではお知らせには不十分です)

そして、傷みの目立つ凝ったデザインのラティスもカラーリメイクすることに。

現場での施工は、真夏には堪える作業となりました…。ラティスは、水溶きした木工ボンドを全体に塗装して下地を整えてから、ターナーミルクペイントグリーンアーミーを塗り、ダストメディウムで汚し加工をしました。

看板のフレームは、同じくミルクペイントのゴールデンレッドとビンテージワインを混色。
本体部分はチョークボードペイントを塗って、きれいにしました。



ビフォーは、ナチュラルな色だけで構成されており、落ち着く印象ですが目を引く効果にやや欠けていました。アフターでは、ラティスのグリーンとは補色効果があるため、お互いに引き立て合います。また赤は誘目性の高い色なので少し離れたところからも目立つ効果があります。